忍びいろはモジュール

忍びいろはモジュール

少し手が空いたので、Text::Shinobi というモジュールを作成してみました。340年前に編纂された、かの忍術総合百科事典『万川集海』に登場する換字式暗号の encode/decode をするものです。

暗号!忍者!少年時代に何かで見たことがある方も多いのではないでしょうか。ちなみに、当然ながら忍者界ではテストにも出ます

Untitled

shinobi.life という、忍びをサポートしちゃうゼ的カッコイイドメインをとったので、そこで変換サイト動かしてます。(そこの忍たま! カンニング禁止!

モジュール化のアイディア自体は数年前に思いついたのですが、二の足を踏んでいたのは、以下のようなめんどくさい点(←ここが楽しい点でもある)によります:

  • 万川集海の該当章(巻五)の原典にあたることが面倒であった
  • 変換表が厳密には載っていない(忍術書では大事なところを「これは口伝」と割愛する
  • 変換後の文字について、そのままの Shape の漢字が存在するが...、(例:「横」)
  • それらを JIS(X 0208, X 0212, X 0213)の視点で見た場合、あるものと無いものがする
  • Unicode の視点で見た場合(perl であることもあり基本 Unicode にマッピングしたい)、最近のバージョンで入ったものやいわゆる utf8mb4 の範囲であったりする
  • 特に JIS外由来で Unicode に入っている文字の場合、表示できるフォントが入っているかどうかが環境や状況(該当文字の lang 判定)によって異なる。

ですがこのたび、

  • 昨年発売の 完本 万川集海 により内閣文庫本を容易に参照できるようになったこと!
  • 変換表は現代一般的とされる「栬」を「い」スタートするものと固定
  • 変換後の文字を選択できるようにしつつも、「その時ほとんどのブラウザで表示可能な文字をデフォルトとする」をコンセプトとする妥協。

などと決め、気合をいれ Unicode 表と対決。検証には うみほたる 様の記事と同梱の readme.txt を激烈参照させていただきました。Unicode に採用された文字の数点が「忍びいろは」由来であることなど、興味深かったです。Unicode に生き続ける忍術! (参考: JIS X0213規格票の p205, p282「附随書6(規定)」(X0213_09.pdf)にて用例として示されています。

ブラウザの標準環境で表示可能な文字というのが曲者で、中国語フォントへの fallback を考慮すると(たとえば Macの場合でゴシック体の場合は PingFang HK)、最終的にはシミュレータでちまちま確認。(結果 Android 4.x は見捨てることに... 苦

しかしこういった泥臭い確認作業(2016)、

2016

10年前(2007)やってたことと大して変わらない件www

2007

emoji4unicode がそうであったように、Unicode やフォント環境などは今後も変わるもの。忍びいろはが流行すると、現在対応する Unicode がない文字も Unicode 採用されるカモ!!

https://shinobi.life/ - 忍びいろはで通信しよう!

今後いろいろシノビライフに追加していきたい。

Elementary, ...

Naoki Tomita