第三回パンデミック大会

第三回パンデミック大会

昨日開催しました。すばらしいドラマを見せてくれた参加者の皆さん、多大なる協力いただいたホビージャパン様、運営手伝ってくれた @t14zucca、みんなありがとうございました!

今回は、初級から伝説級まで順にチャレンジというベーシックなルールで、全ゲーム全チーム同じ並びにしたカードに挑戦してもらうというレギュレーションを敢行。各チームの選択によって世界がどんどん分岐していきます。最初のエピデミックはだいたい同じ時期に発生するわけですが、それまでの判断によって「おっしゃぁ GJ!」と歓声が上がるチームもあれば「\ハルツームが!/ \(> <)/」と嘆くチームもあり。

pandemic3-1

すでに3時間近くフルに頭を使ってからの最終戦「伝説級」は、めくるめくエピデミックに次々終了してしまったチームが出る中、40分経過したころには2チームのみが残って奮闘。その、傍目にもそうとうヤバい世界で必死に戦うチームを他の終わったチームが人垣を作って観覧する形に。

pandemic3-2

ギャラリーがいるプレッシャーにもかかわらず的確な討議を進めるさすがの優秀チーム。でも、次の Scientist へ繋げなければ負けという状況で最後の『予測』をするプレーヤーの手、震えていました。これはふるえますよね! そして見事!その2チームともクリア。

「おおー!!」という歓声と拍手が沸き起こる中で手を取り合うチームの姿は感動ものでした!

IMGP1298

結果や本大会のルールの詳細はこちら

毎回、この大会は実際のウイルス対策関連の偉業を(非公式に)記念して開催しています。これはふざけてるわけじゃなく、ぼく自身がこのゲームを通して、実際のウイルス対策関連の人に並々ならぬ尊敬の念を持つようになったためです。(こちらのインタビュー参照

そんなわけで勝手にではありますが、これは!という偉業を記念しています。今回は最近発表された藤田保健衛生大学の「人に感染するほぼすべてのA型インフルエンザの感染を阻止する抗体の発見」の報道を見たことが元になっており、論文の内容を紹介してからの試合開始としました。

しかし、前からおもしろいとは思っていたのですが、パンデミックやっぱいいですね! また来年どこかで、なんらかの医学的偉業を記念して開催したいです。開催の際は @pandemicgame_jp で告知します。次回開催時の連絡をもらいたい方はこちらから登録くださいませ。

Elementary, ...

Naoki Tomita