永世竜王誕生

ライブドアの佐々木さんに将棋の竜王戦の話を聞き、調べてみたらこれがもう百年に一度あるかないかの大試合であることが判明。ぼくも急遽有給とって山形県は天童へ観戦に行ってきました。

竜王戦がまず将棋七大タイトルの最高峰。そこへ希代のスター棋士羽生さんがからんでいる。しかも今回渡辺竜王・羽生名人どちらも史上初の『永世竜王』にリーチ。もしも羽生さんが取ったら永世称号フルコンプという空前の事態。何とも出来すぎな熱すぎる展開!

NHK将棋の時間生放送一手1時間とかかかる(というのは行ってから知った)のをリアルタイムで追うのはしんどいかと思いきや、藤井九段のわかりやすくて楽しい解説が入ってまったくそんなことなかった。NHK 生放送会場でもある。

「この局面だと、ココかココでしょうかね、今は先手優勢でしょうか」とか解説してくれる。のだけど、パチッて実際に打たれたのが予想外で「あ・・・これは・・・後手が優勢になりましたネ(笑)」みたいな。というかほぼ当たらないw

もう優勢劣勢が毎手番ごとにコロコロ変わる逆転に逆転な想定外の展開を見るのが楽しくなってくる。そして終盤はそれぞれ持ち時間がなくなり毎回秒読みが入る。見てるこっちも手に汗握る。NHK の中継が終わってからが一番楽しかった。打たれるたびにどよめく会場。試合結果はニュースのとおり。羽生名人を応援してたんだけどなー。

いやあ、いいものを見たー・・・と、興奮冷めやらぬままダイジェスト放送の収録とか見学。リハの合間に大盤解説ボードで記念撮影させてもらったり。解説佐々木無段、聞き手冨田零級でお送りいたします、みたいな(笑)

解説佐々木、聞き手冨田でお送りします

ぼくが持ってるのは、「次の一手は何でしょう」コーナーで当てた特製限定扇子。まぐれw

当日帰る予定でしたが、なんだかんだで普通に最終新幹線を逃し。今日は仕事だったんで、朝一の新幹線で山形県から出社。で朝6時、ガラーンとした天童駅で新幹線待ってたら、羽生さんが! 着物を着ていないとあまりにも普通の人で。「羽生さんですか?」と聞いてしまいました…。

見ごたえのある試合だったので天童まで観にいってまじよかったですが、「来年も応援してます!」って羽生さんに言えたのが一番良かったです。

Elementary, ...

Naoki Tomita