portrait

Naoki Tomita

トミール's life log

感染研のウイルス・ワクチンセミナー

申込みが通り受講可能となったので、会社には(強引に?)早退許可してもらって国立感染症研究所のウイルス・ワクチンに関するセミナーに参加させていただいています。豪華ラインナップ!

niid-2014b

本日はインフルエンザ研究センターなどを経て現在は感染病理部の長谷川先生による、インフルエンザそのものの基礎から次世代ワクチンの必要性、そして数年後には主流もしくは選択になるであろう経鼻ワクチンの開発苦労話や仕組みについて。2時間あっという間の興奮の講義でした。

何がこんなにおもしろいのかなーと改めて考えると、これはウルトラマン(パシフィックリムとかでも良い)でいうところのウルトラ警備隊というか、まだ完全にはわかっていない脅威に対して立ち向かう、その最前線第一人者による現状報告を聞けるという所なのだと思います。

長谷川先生らの研究チームの場合インフルエンザが対象ですので、毎年微妙にタイプ変えてやってくるという点で日朝怪獣系近いですね。致死率は健康な人だと高くないものの、1997年から突如(ウイルスのライフサイクルは短く24時間で3世代すぎるという点でも)発生し始めた高病原性ウイルス(致死率60%)といった怖い存在もある。なぜあの新型は致死率が高かったのか。20名の検体(遺体臓器)を受け取って解剖した話とかがリアルでした。

アジュバントの決定打無い話、TLR3番の不活性化ウイルスを利用した経鼻ワクチンの話、なんと感染さえしない(本当の予防)というすごさ、さらに交叉防御もある(別の型のウイルスにも効く)こと、ただし季節性じゃないインフルエンザに対して効かなくて (´・_・`) した点、と思ったけど再度倫理委員会を通して3回目のブースターで効果でて (゚∀゚)! となったこと、なぜ効くのか科学が進み多量体 IgA 抗体(の顕微鏡写真がきれいに撮れた~とうれしそうだったのが微笑ましかった)がカギでありそうだなど、まだ論文になってないリアルタイム進行事象含む当事者によるコメント、興味深かすぎました。

惜しむらくは、医療・薬剤・製薬関係者である他の参加者に比べ、私の場合意識高まっただけであまり周りに役に立たないということなのですが…w、興味ある人いれば一般人にも興味深いウイルスとの戦い最前線フィードバック可能なのでお声がけください(講義は来年2月まで続く)。

Oct 8, 2014

perl を php に変換する

先日、弊社にて寿司現状確認会という謎の会が開催され、多いに盛り上がりました。「可視化ツールの現状確認したい」→「しよう!」という会のノリで、「寿司の現状も確認すべき」→「しようぞ!!」「するべき!」「要確認です!」と寿司好きエンジニアが集まりました。

sushi

facebookページ担当のおねいさんにこれはどういう会なのですかと聞かれ、説明してみたのですがはたして伝わったかどうかは不明です。(最終的な把握の結果

寿司だけにネタをと、最近の業務から生まれたネタを発表。

https://github.com/tomill/Acme-P2P
http://p2p.koneta.org/ ← ときどき落ちているテストサイト

p2p.koneta.org

One of 神モジュールである PPI を使って、Token を入れ替える(など)を行って perl のコードを静的に php にするというネタです。実際の業務で必要であった範囲は一部の perl コードだけだったのですが、この機に他の Token もカバーしてみたら、想像以上にちゃんと動きます。

perl / php / js と行ったり来たりしてると elseif とかそういう細かい所で typo することあるのですがこのフィルタを使えば perl さえ覚えておけばおっけー!!?!?! 実用的

寿司会の会場から、「phpをperlにはできませんか」と言われ、うーん…と答えたのですが、よく考えたら PPI のパーサーを改造したりすれば php のパーサーできそうです。これは面白そうなので(本当にただ面白そうなだけですが…)いずれやってみようか。

参加メンバーが YAPC 参加メンバーとわりとかぶっているということもあり、YAPC 後夜祭な雰囲気もありました。なお、今年の YAPC の感想は以下の資料で社内向けフィードバック会で話しました。他の社内参加メンバーの感想と共に monmon がまとめてくれると思います。

今回、YAPC::Asia や perl mongers の not only perl な側面がプチ炎上していたので、この PPI ネタを LT に応募するのは、いちおう念のためやめておきましたw

いい意味で「もっと perl の話を聞きたかった」というフィードバックとも言えるので、来年はもう少し perl を含んだトークが多くなれば良いかもなと思います。が、not only perl な側面は残るとうれしいなとも思いました。まる。

Sep 9, 2014

蒲フィルで映画音楽

はるばる愛知県は蒲郡というところに、映画テーマ曲しばり、名曲ばかりのオーケストラコンサートあるときいてやってきましたが、すごいよかった。見よこのプログラム!

Untitled

さほど期待せず、休暇兼ねてきていたのだけど大迫力に満足!

なんといっても全有名曲! スターウォーズがかっこよくないわけがないよ!! そもそもこのコンサートの存在は ジョンウィリアムス FC 経由で知ったのだけど、そこの代表がハリウッドで謎のコネクションで作者から直接調達してきたというスコア、日本で始めて公演という、バックトゥーザフューチャーがめちゃかっこよかった!!! Yes!ってガッツポーズしたくなる感じ!

あとおもしろすぎたのが、このコンサート『蒲郡市60周年記念』でもあり、演奏中に横のスライドでその映画公開時の蒲郡の様子が写し出されるw ジョーズのテーマが迫りくる中で「市民プール完成」とか、ミッションインポッシブル(スパイ大作戦大好きなのでオケで聞けて大満足)のテーマ流れる中で「蒲郡駅仮駅舎」とか出てきて、個人的にまるで思い入れなさすぎるのでたいへんおもしろかったです。こういうのもローカルのイベントいいなあ。

インディジョーンズも聴きたかったなーと思ったのだけど、アンコールがまさにインディジョーンズで、勇壮な足取りで開場を後に。ジョンウィリアムス偉大だ。なんと3時間(!)に及ぶ大コンサート。堪能しました。

観客、ほぼ市民のおじちゃんおばちゃん。東京でこのプログラムやったらもっと若い人でフルになりそう。とにかくバックトゥーザフューチャー組曲がかっこよすぎたのでまた聞きたい。

Jun 9, 2014

パンデミックと私 2014

Untitledゆどうふさん主催のパンデミック大会に参加してきました。去年暮れにゆどうふさんから、前ぼくがやったやつと同じスキームで主催したいんですけど…と聞いて、ついに参加者側になれる!と大喜び。

運営や進行、問題設定も安定していてすばらしく、仕組み上スタッフがたくさん必要なのですが十分にいて、しかも女性スタッフはナース姿だったのと、靴までナースの靴だったという点、あとリーダー?の人の謎の婦長感がすごいよかったですw

残念ながら得点的にはぼくらぜんぜんふるわず、もしかしてやっぱりただのパンデミック好きにすぎなかった…という現実に直面しました (´・_・`) お揃いのパーカーつくってる時間があったら、もっとまじめに練習すればよかった。。。

DSC00088

しかし、思えばこの世界救えなかった悔しさ(を乗り越えての勝ち)がパンデミック好きになった原点でもあったなあとも再認識。特に今回は、前日練習の最終試合、「もうダメだー適当にやろう」と一瞬あきらめたところからの超ギリ攻防、手札もアクション数もぴったり最後まで使い切って勝つという皆始めての体験となるドラマが印象に残りました。

思えばパンデミックとの付き合いも6年になります。たくさんのドラマをありがとう。

というわけで特別付録: パンデミックとトミール年表

  • 2008年
  • 2009年
    • FAQ翻訳サイトを始める
    • Wikipediaにパンデミックの項目を作成する
    • パンデミック屋さん業(個人輸入して代行販売)による販売が100セットを超える
    • 香港かぜ以来、21世紀初となるパンデミック発生(H1N1pdm)
    • WHOのパンデミック対策職員にファンメッセージを送るためfacebookを始める
    • 進藤奈邦子先生来日時のセミナー講演に参加
  • 2010年
  • 2011年
  • 2012年
  • 2013年
    • ごろごろして過ごす
  • 2014年
    • ゆどうふさんによるパンデミック大会参加するが惨敗 ← イマココ
    • 秋ごろ: 国立感染症研究所によるワクチン講座受講予定
Mar 12, 2014

VOYAGEGROUP ミステリーサークル

UFOと通信じゃなくて事件解決する方。ミステリーものの舞台でよくミステリー研究会みたいなのあるじゃないですか、ああいうの一度やってみたかったんですよね〜 (・◡・人)

会社のサークル支援制度に則り、規模に応じた活動予算をゲット。どれくらいの予算かは念のため出しませんが、今Q弊サークルは30名程度をかかえ、双子刑事とイクスピアリのやつを解決してきました。事件捜査はお金かかりますから大助かり。

初めての結成であり、殺人事件初心者が多かったので、ぼくが無駄に10年近く出くわしてきた殺人事件についての知識をこんな感じの資料にまとめたりして参加。

これにより、ついに夢だった「賢い若手に解かせて答えだけ教えてもらう、安楽椅子座る役の座」を手に入れました(・∀・ やった!!) じっさいぼく「アリバイがないのは〜」とか「犯人はこの中にいる!」とか、そういうの単に言いたいだけなんだよねww

イクスピアリはあの記録的大雪の日で、到着するだけでもアレでしたが殺人事件のあとはもっとひどくなってて、リアルクローズドサークルで良かった。雪合戦した。

ミステリーサークル

いずれ会社リソースを使った殺人事件イベントとか開催してみたいと妄想しております。だいたい、ミス研の部長といったら暴走するものって相場が決まってますしねー♪

ミステリーサークルでは事件情報、いつでもお待ちしています

社内の方、ぜひミステリーサークル『メイン』メンバーへ。社外の入部希望者は入社検討からお願いします。あともし他に、企業内ミス研的なのやっていらっしゃる所ありましたらぜひ交流しましょう! 完全犯罪対決とかしてみたいです。

Mar 6, 2014

Copyright © Naoki Tomita